2007年10月22日

第5講「大陪審」とは何なのか?

諸君。我々は、試されているのである。

そもそも、「法」とは何か。それは、人が人を統べるための道具ではない。何か、人を超えた大きな意志が存在し、その意志は「生きとし生けるもの全てに幸いを」とどうやら考えているようで、「法」とはその意志を我々の言語に翻訳したものにすぎない、と私は考える。

確かに、時の権力や資本は、その「法」を思うがままに操る手だてを手に入れたのかもしれない。だが、法廷が劇場のように虚構に彩られ真実を曲げて行く場(注:劇場が良くない場所だと言う意味ではない。劇場は、現実から離れた夢のファンタジーのマジカルドリーミングエリアなのだ)として、これからも在り続けることはない。強き者達は、勘違いをしたのだ。民にとって、法廷は遠い無関係の場所だった。しかし、それは劇場のように、民にとって身近なリアルな場所になった。民はいつか気付くだろう。法廷で繰り広げられる「虚」の向こうの「真」を、見つめなければならないことに。時の権力や資本が手にした力は、ほんの短い間だけ通用する、小手先の手品のようなものだ。やがて彼らは悔やむことになる。「なぜ、わざわざ民を鍛える場を作ってしまったのか」。テレビやメディアを通じてなら、民を衆愚化することもできただろう。だが、法廷は生である。いかに3法廷を中継する特分法廷でも、目前に人生を賭けた人間が存在する事に変わりはない。生の迫力は、脳よりもっと奥深い、骨の随を感化するのだ。

法は強き者の味方ではない。そして無論、弱き者の味方でもない。法は強き者と弱きものに、常に等しく在るものだ。私たち司法にある者の根本的な務めは、立法がいかなる法や制度を立てようとも、あるいは世間がどんな様相を呈しようとも、凛として法の精神に遵じる魂を持ち続けることにある。法は刃である。心を鍛えた達人のみが、腰に帯びることを許される。依頼主のために、歌って踊れる弁護士がいても構わない。だが、踊らされてはいけないのだ。

最後は何だか抽象的な熱いトークになってしまったけれど、これは「概論」だから、枝葉の事より、こういうマインドを押さえておかなければいけないってことだよ。
posted by 蓮田 at 08:19| Comment(42) | TrackBack(5) | 劇場法廷論概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4講「大陪審」と「特分法廷」

民事裁判における「大陪審」と「特分法廷」に共通するルールがある。それは「原告・被告双方が合意した時にのみ、採用される」というものである。では仮に、経済力の脆弱な個人と、大企業が争うことになった場合、その個人は、一般法廷での裁判を望むだろうか? まず、特分法廷を選ぶ可能性が高いことは、おそらく間違いない。単純に、被告の所在地に出かけるという金銭および時間的リスクを劇的に軽減できるからである。では、陪審員制度はどうであろうか? 特分法廷のみを採用し、陪審員制度を採用しなかった場合、大企業はその経済力でもって、優秀な弁護士を(多くの場合、複数)雇うことができる。個人であれば、弁護士を雇うこともできないかもしれない。では、弁護士の質、量に於いて劣勢であることが自明であるならば、その個人の当事者は何と考えるだろう。「一般人である陪審員の判断を仰いで、自分に有利な判決を勝ち取ろう」と考える場合が多いのではないだろうか。つまり、経済力の差を、陪審員制度の採用によって逆転しようとする可能性が高いのである。

そんな訳で、相対的に経済力の弱い当事者が「大陪審」と「特分法廷」を併せて希望し、強い当事者がそれを「受けて立つ」という構図が、成立するパターンが多くなっている。

そして、このところ散見されるケースとして、「特分法廷を船の上に設置する」というものがある。これは一見とんでも無いが、実はきちんと検証すると本当にとんでもない。特分法廷を船の上に設置する企業の言い分は次のようなものである。「増大する訴訟の機会に対応するため、常設の特分法廷を確保した方が合理的である」「なるべく、原告の居住地もしくはその近くに特分法廷が設置される方がよい(和解など、事後処理に都合がよい)が、船なら、その都度移動すればそれが達成できる」。そして、法的な根拠は「特分法廷は、著しく問題がない限りは、当事者の主観によって設定できる」というものであるが、船上の特分法廷は著しく問題である。それは「飲食」に関わる点である。一般のホテルなどに特分法廷を設置して、もし陪審員候補者に食事等の便宜を図れば、これは買収に当たる可能性が高い。なぜなら、陪審員候補者達には、様々な食事の摂取方法が存在するからだ。しかし、船で航海に出てしまえば、船上で提供されるもの以外は食べることができない。ここを突き、陪審員候補者と傍聴人に対して、閉廷後にものすっごく豪華な食事を振る舞う、というケースが散見されている。しかも、巧妙に船を出す業者、食事を出す業者などが別に設定されており、裁判の当事者企業が、直接そういう便宜を図る訳ではない、という体裁が整えてある。食事以外にも、長期航海の船では標準的に存在するサービスが、多くの場合、無償で乗客(つまり、陪審員候補者)に提供される。タレント弁護士によるディナーショーなども、あるらしい。

これはもう事実上の陪審員の買収なのだが、これを阻止できる法的な根拠が現状では存在しない。正に、突貫工事で作った完成度の低い法に存在する「穴」である。急ぎ立法サイドからこの穴を埋める動きが立ち上がってしかるべきだが、何だかダラダラ後回しにされてしまって、どうにもこうにもなりそうな気配はない。司法サイドとしては、現状で存在する法を司どるしかないわけで、バカバカしいとは思いつつも、クライアントが望めば、お船で歌って踊って闘うという「法廷戦術」も必要にはなってくる。それって、海賊みたいである。

しかし、ここまで「法廷」が変わってしまった現在、諸君ら法曹界を目指す若者達が、何を考えて法学を修めるべきか、次回第5講で、述べていきたいと思う。
posted by 蓮田 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 劇場法廷論概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。